未来Walk ♡

わたしの未来を変えていく生き方デザイン

後になって わかることもある。

 

リーディングで携わってきた中で
様々な ご相談内容に出会いました。



パートナーを求める方にとっては
「未来の伴侶は、どんな人なんだろう?」

 
と、一度は想いを馳せることと思います。

 
そんな「未来の お相手を知りたい」
と 思う方もいると思いますし、
リーディングで解りうる範囲で
お伝えしてきました。



ソウルメイトリーディングでは、
年齢も解る範囲で伝えるわけですが


「わたしより年上なら離婚して

子供の居る人じゃないか?」

と おっしゃった方が居ました。



30代前半の方でしたので、
30代半ば~後半の男性なら、

離婚して子供の居る人なのではないか?

と 思われたようですね。



実際、そうだとしたら、
離婚して父子家庭として

養育している場合もあるし


元奥様が養育していて、
養育費を払っている場合もあるでしょう。
 

でも、必ずしもそうとは限りませんよね。



仕事に追われて出会いがあっても
結婚にまで至らなかったり


海外など遠方に転勤になったり


家庭の事情から縁遠い環境に
身を置くしかなかった時期があったり 

 

 人は無意識の思い込みを持っている

 

 こうやって見ていくと

 

30代後半前後の男性は

一度は結婚の経験があるだろう。

 

 

というように、

わたしたちは 様々な思い込み

持っていたりするものです(冷や汗

 

無意識なので 気づきませんが・・(再びの汗



お相手に関する人物描写も、
受け取ったメッセージを元に
文章に起こして書いていくのですが



お相手の居る方の場合は、
「特徴も ほぼ、ぴったりで」

その後、出会われた方もいますし

ご結婚後にお知らせくださった方も居ます。



時期 と して伝えたときには、
相談者の方が 彼と再会を約束した、
その方の誕生月で驚いた。
というエピソードも ありました。



チャクラもスキャンされている感覚があり
面白かった」

「たくさんの方を救ってくださる
しづきさんの鑑定が今後も続くように
願うばかりです」

「 しづきさんの願う、しづきさんの幸せが
実現することを願っています」



そんな温かい言葉をくださる方もいて、
泣かせて いただいています。 

 

f:id:jiu_heart:20210521071736j:plain



「数ヶ月前のリーディングが
 このことだったのだなと腑に落ちました」
「リーディング内容と合致していることばかり」


と いうメールも、いただきます。


ありがとうございますm(_ _)m

 

 このことだったのかと腑に落ちる

 
この仕事を始める前に

お世話になった先生が、いつも

いきなり何かを おっしゃる方でしたが



「あなたは的確やと思いますよ」

「的確さではピカイチやと思います」

 


という言葉の意味が、
クライアントさんからの感想でも、
的確 と 言っていただけるので

 

「このことだったのかなぁ」
と 思ったことを思い出しつつ。 



人物像を表現することもそうですが、

文章だけで伝えることは

思いのほか、難しいので

 

うまく伝えきれないことも あり、
悩みもしましたが。。。 

 

 

そんなときにも

いただいた ご感想から励まされ、
続けてきて良かった と 思う瞬間です。

リーディングメニュー

 

 お相手について ピンポイントで
お知りになりたい場合は、
ポイントリーディングを。 

 

 一年後、どうしていたいか?

  

あなたは 一年後、どうしていたいですか?

 

 248年つづいた【地の時代】から

【風の時代】に本格的に入って

4ケ月になろうとしています。

 

自分の魂と向きあったり、
心を敏感にさせることと向き合うことが
問われていく時代になるでしょう。



いまは、あなたの目指す目標や

過去を清算して願いを考えるのに、
ベストなタイミングですよ 📢

 

叶えたいことがあるなら、
ここで踏ん張ってみるといいですね。

 

 

進むべき答えや今後の指針を見つける: リーディング

 

相性シナストリー(相性の取説)

 

    

しづき
 

セッションは自宅で受けられます
受け取り方は コチラ

 

忘れていた大切なものを見つけ出し、
人生の舵取りが出来るまでを
全力でサポートします。

 

 

Wish:遠隔専門ヒーリングサロン

真の健康と本質を取り戻すヒーリング&セラピー

提供中のメニュー  メニューの選び方

  

よくいただく質問  ご利用者の声から  

 

お問い合わせ  web:Wish 明日への扉