未来Walk ♡

わたしの未来を変えていく生き方デザイン

被害者にも加害者にもならないために。

 

世の中にある沢山のハラスメント。


相手の心や身体を いためつける
ハラスメントの繰り返しは、
自尊心や 判断力を 低下させ、

 

 
行動や 思考を
コントロールしようとします。

 

 

ハラスメントは、声を荒げたり、

怒鳴ったりしなくても、

威圧感を伴うので、

人を萎縮させてしまいます。

 

 

幼少期を含めて、普段から、

怒鳴られ慣れてない方にとっては

ダメージが大きいと思います。
 

 

不安になったり、震えたり、
立ちすくんだり、動悸がしたり・・・



身体と心に現れる症状は
人それぞれですが

 

 社会性を奪う

 
たとえば。
夫婦間であれば、こんなやり取り



「 何様やと 思うとるんや 」


という、夫の言葉に


「 奥さま やと 思うとる」(゛ω゛)



と 答えられれば 良いのですが



それが出来ない状況だったり、
威圧感から反論できないように
仕向けられていたりします。


肉親だけでなく、友人や親戚、

外部との接触を断つように仕向けたり、
仕事をさせないなどの社会性を奪います。

 

 

夫が妻に仕事をさせない。

と いうことは、

家を出て行きたくても出られない。

 

自立をさせない。

 

と いうことですから、

妻は辛抱を強いられることになります。 

 

 精神的なダメージが大きい

 

 そして、

これもよくある話で聞きますが・・

 


夫が妻に性行為を求めるときには

妻は、いつでも快く応じるもの。


と、決めつける性的な強要も。

 

 

快く受け入れないなら、

力でもって受け入れさせる・・・

 

 

なんていうのは、強制ですから

これも立派なハラスメントです!

 



身体への暴力が なくても、
こうしたことは、
精神的なダメージが大きく


積み重なっていくごとに
人としての尊厳や誇りを
失っていきます。


これらは、なにも
夫婦間に限ったことではなく、
職場や学校、地域の集まり、
カルチャーセンターだったり、
友人間でも 起こり得ます。




でも・・・

ハラスメントをする人は、
一見して やさしそうに見える人や、
社会的な地位のある人


教養がある人、
外づらも良い人が多いようです。



おうおうにして頭が良く、
弁もたつので、独自の理詰めで 
たたみかけてくるんですね。



たて板に水の 流れるごとく~~



 

それだけに

 

「・・・あの人が?」「信じられない」

 


と 思われるわけです。



外から見て分かりづらいので、
他人に理解してもらえず、
被害者は孤立しやすい傾向にあります。

 

被害者は気づいていない 

 
いっしょに居る間、
張りつめた空気と緊張感。



職場なら、
勤務時間だけで済みますが、
これが家庭内だと・・・


想像に、かたくないですよね。



日常的に繰り返されると、
心は・・・壊れていきます。




ですが・・・


被害にあっている人は、
気づいてないことが多いのですね。


悩み、苦しんだ末に、
そこから決別して、
乗り越えていった人もいます。

 

f:id:jiu_heart:20210608192847j:plain



自分の人生ですから、

誰もが責任を伴いますが

 


それでも、おだやかで自由な未来を
手にして生きていきたいですよね?



もし、悩まれている方、
今まさに苦しんでいる方がいれば


その事態を変えていくことは
可能ですから、
勇気を持って欲しいと思います。


自分にとって、何が大切なのか。


を 考えて、
意思を持ち、舵取りをしていくことは、
自分の人生をしっかりと生きることです。


本当に居心地がいい場所なのか、
考えてみることは大切だと思います。



自分らしく生きられれば、
それが、自分への一番の贈り物です。


今日も、明日も、できるだけ、

おだやかな気持ちで
過ごしたいやないですか?



ハラスメントの被害者にならないのは勿論、
自分自身も加害者にならないように


あらゆるハラスメントには
プライマリが対応しています。

 

 

悲しいとき、辛いとき、不安なとき、
一人で悩んでいないで、ご相談くださいね。 

 

  

 

しづき
 

セッションは自宅で受けられます
受け取り方は コチラ

 

 

ほんの少しの勇気が

あなたのこれからの人生を変えていき、

あなた色に染めていきますよ。 

 

 

Wish:遠隔専門ヒーリングサロン

真の健康と本質を取り戻すヒーリング&セラピー

提供中のメニュー  メニューの選び方

  

よくいただく質問  ご利用者の声から  

 

お問い合わせ  web:Wish 明日への扉